年代
 明治前
 明治時代
 大正〜
  昭和20年終戦
 昭和21年〜
  昭和30年
 昭和31年〜
  昭和40年
 昭和41年〜
  昭和55
 昭和56年〜
  現在
  年     内   容
大正元年 年産四十万反
大正5年 財界不況の影響を受け生産も減退して年産二十三万反
大正10年 年産五十八万三千反
昭和元年 年産八十二万七千反に昂る。
昭和3年 紺絣の白部に赤色・黄色・浅黄色等の染色を応用した絣が流行
する。
昭和4年 紺絣は時代の要求に応じ、従来の手織機に代わる足踏機を多く
使用する。
昭和5年 意匠の啓発と染色法の改良により他産地の減産に拘らず増産の
一途をたどる。
年産百六万六千反
昭和7年 年産百三十二万六千反の好成績を収める。
昭和8年 芦品郡駅家町山本徳右衛門絣の動力織機の発明機械に着手する。
昭和10年 動力織機の発明完成を見るに至り、足踏機に変って機械機を導
入され機械化による絣業界に一種の革命をもたらした。
年産百三十万六千反
昭和12年 支那事変勃発による綿花の輸入制限。スフの強制混用。綿糸の
配給統制が次第と強化される。
綿糸統制のため、スフ・人絹糸を使用した絣を試織する。
昭和13年 年産四十三万反
昭和14年 年産三十四万反
昭和16年 絹絣研究会を組織し、スフ・人絹糸を使用した絣製品の工業化
を図る。
昭和18年9日 企業整備を実施し、備後絣工業組合員中十三名が企業整備を免
れて絣木綿、白生地、ガーゼ、生地等の指定生産を行って漸く
事業を継続した。
昭和20年8月 第二次世界戦争(大東亜戦争)終結する。