年代
 明治前
 明治時代
 大正〜
  昭和20年終戦
 昭和21年〜
  昭和30年
 昭和31年〜
  昭和40年
 昭和41年〜
  昭和55
 昭和56年〜
  現在
  年     内   容
明治初年 備後絣と名付けて販路を大阪に求め大阪市場伊藤忠商店に二百
反を販売し従来の小口販売から量販への道を開いて、備後絣の
名を広めた。
明治9年 藍の栽培を奨励し監てん製造にかゝる。
明治13年頃 備後絣年産十一万五千反時価八万二千七百円に上る。
明治15年頃 一般経済の不況により絣の需要が著しく減退しはじめる。
明治17年頃 一般経済界の逼迫に伴い織物の需要を減じ遂に機抒の音を絶つ
に至る。
明治18年 伊予より機械糸来り、次いで玉島紡績糸来り、次に倉敷紡績よ
り十五番手糸を入手して三十柄四十柄の手括り小柄の絣を製造
した。
明治20年 経済情勢の好転に伴って業界の不振次第に回復し順境に向う。
明治22年 富田久三郎は私費を投じて芦田部下有地富田寅吉の屋敷に藍会
所を建設した。
藍の栽培を奨励し、芦田、品治、御調の三郡に亘り年産数十万
円のあいを製産し全国各地に移出す。
  (藍会所は後に備後織物株式会社となる。)
明治24年頃 芦田郡柞磨村後藤鶴次郎始めて六十柄の「お通り」と称する糸
括り機械を発明。
その後中須村小寺彌次郎は織り括り法を発明。
富田久三郎は其の甥福本春吉をして久留米絣の糸括り法を研究
させ備後絵絣を発明した。
明治27
  ・28年頃
日清戦争により減産傾向となる。
明治30年 備後芦品織物組合(初代理事長吉田中)有磨村染色同業組合創
立。増産が続き粗製乱売を防止する。
年産六万反
明治31年 年産八万四千反
明治33年 年産十一万反明治十三年頃の生産量に近づく増産となる。
明治35年 富田翁は久留米、伊予の先進地を視察す。
明治36年 西備織物同業組合を結成
明治38年 素盞鳴神社境内に富田翁の頌徳碑を建設
明治40年 日露戦争後飛躍的な増産となる。年産四十三万七千反の実績を
示すに至る。
明治44年
  10月8日
富田久三郎翁八十四才の高令を以って歿す。
当時年産三十三万反位の生産を挙げた。